食器棚を使いやすくリフォームするには?費用とポイントを解説

快適なキッチンをつくるためには、食器棚の収納量や使いやすさが欠かせません。しかし自分にとって使いやすい食器棚を選ぶには、どうしたらよいか悩みますよね。

この記事では、使いやすい食器棚にリフォームする際のポイントを解説します。また費用まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

食器棚2つの入手方法

使いやすい食器棚を手に入れるためには、2つの方法があります。以下では、既製品を購入する方法と造作家具を依頼する方法について解説します。

 

既製品を購入する

 

食器棚メーカーでは、既製品の食器棚を購入することが可能です。既製品の食器棚はすでに完成されているので、設置までに手間や時間を掛けずに済みます

そのため、壊れてしまったキッチンを手軽に買い換えることができます。加えて持ち運びも可能なので、引っ越しの予定があるご家庭でも安心して購入できるでしょう。

また既製品の食器棚は、バリュエーションが多彩です。食器棚メーカーによってさまざまなデザインが用意されているので、好みの食器棚が見つけやすくなります。

 

造作家具を依頼する

建築会社に依頼することで、食器棚をオーダーメイドで製作できます。サイズや素材を自由に選べるので、キッチンの間取りやライフスタイルに合わせて最適な食器棚を製作することが可能です。

特に既製品の食器棚は、壁や天井とのサイズが合わずに隙間が生まれる場合があります。隙間が生まれると見た目が悪いだけでなく、地震の際に倒れるリスクも高くなります。

しかしオーダーメイドで製作することで、隙間なくぴったりサイズの食器棚を設置可能です。また食器棚をオーダーメイドする際は設計から行います。そのため、自分好みのデザインに仕上げることができるでしょう。

 

 

使いやすい食器棚を検討する3つのポイント

使いやすい食器棚を検討する際は、3つのポイントを押さえることが重要です。ここでは、それぞれのポイントを紹介します。

 

どんなものをしまいたいか明確にする

使いやすい食器棚を検討する際は、収納したいものを明確にすることがポイントです。食器棚によって収納量や収納スペースが異なります。そのため収納したいものを明確にすることで、使い勝手の良い食器棚が見つけやすいです。

たとえば食器棚には、食器類だけでなく食品のストックや電化製品まで収納するケースがあります。通常の食器棚では、収納スペースが足りなくなるので収納しきれません。しかし収納するものを明確にすることで、収納スペースを確保しやすくなります

また収納するものを明確にすることで、収納位置もイメージしやすくなります。使用頻度の高い食器類は目線の高さに収納し、あまり取り出さない食品ストックを高い位置に収納するなど収納場所を決めやすくなるでしょう。

 

可変式の棚板のものを選ぶ

使い勝手の良い食器棚を選ぶには、可変式の棚板のものがおすすめです。固定された棚板は、高さを変えられないので無駄なスペースができてしまいます。

しかし可変式の棚板は高さを自由に変えられるので、無駄なく収納可能です。特に食器類以外のものを収納したい方は、高さを合わせて調整できるので効率的に収納できます。

ただし背の高い食器棚になると補強のために、固定の棚板が真ん中に設置されます。そのため、真ん中に設置された棚板に関しては移動できないケースがあるので注意しましょう。

 

扉のスタイルを検討する

扉のスタイル選びは、使いやすい食器棚を探すうえで特に重要です。食器棚の扉には、さまざまなスタイルがあります。以下に、一般的によく使われる扉のスタイルと特徴をまとめてみました。

扉のスタイル 特徴 最適な収納
片開き扉 片側だけ開く扉 頻繁に使用する食器を収納する場所に適している
両開き扉 左右両方が開ける扉 鍋やフライパンなどサイズの大きい調理器具に適している
引き戸 横にスライドして開ける扉 開閉が楽なので使用頻度の高い食器の収納に適している

 

扉のスタイルを選ぶ際は、失敗した声をよく聞くので慎重に検討する必要があります。特に開閉スペースが必要な片開き扉や開き扉を選ぶ際は、注意が必要です。

キッチンスペースが狭いと扉を全開にできないことや、体をひねらないと取り出せないといった失敗例が多くあります。すると取り出しが大変になるので、使い勝手の悪い食器棚になってしまうのです。

扉のスタイル選びを行う際は、必ず開閉スペースを確認する必要があります。また扉のスタイルと収納するものの組み合わせを検討することで、失敗を防ぐことができるでしょう。

 

 

食器棚リフォームの相場

食器棚リフォームにかかる費用は、既製品を選ぶか造作家具を依頼するかによって変わってきます。既製品を選ぶ場合は、一般的に5万円~が相場になります。一方で造作家具を依頼する場合は、20万円~が相場になるので、既製品に比べて15万円も高いです。

また収納のサイズや素材、扉の面材にこだわる場合は50万円近くかかるケースもあるのでさらに高額な費用がかかるでしょう。ちなみに既存の食器棚を補修する程度の場合は、17万円前後で可能です。扉の交換や棚板の補修まで行えます。

食器棚は、形状やサイズによって費用が大きく変わります。特に造作家具とする場合は価格差が大きいので、必ずリフォーム会社と予算について相談しましょう。

 

 

ちょうどいい収納がキッチンを楽しくする

ちょうどいい収納の食器棚は、キッチン周りのものをたっぷり収納できます。無駄なものを置かなくて済むので、キッチン周りをスッキリできるでしょう。

今回紹介した3つのポイントを押さえることで、使いやすい食器棚が見つかりやすくなります。特にしまいたいものを明確にすれば、後々収納に困る心配がありません。

十分な収納量を用意できるので使い勝手のよい食器棚を選ぶことができます。ぜひ使いやすい食器棚を選んで、すっきりとまとまったキッチンを目指しましょう。

 

関連記事

  1. リモートワークがはかどる書斎をリフォームで実現するには?
  2. リノベーションで後悔した内容とは?注意しておくべきポイントを紹介…
  3. 【思い出の家具を使い続けるために】テーブルリフォームの相場と心得…
  4. 出窓を二重窓にする費用の相場は?出窓の悩みや二重窓のメリットも
  5. ジャパン・ライフ・パートナーズ ホームページを公開しました。
  6. リフォームで部屋をつなげる費用と安く抑えるコツとは?注意点も確認…

最近の記事

PAGE TOP