リモートワークがはかどる書斎をリフォームで実現するには?

テレワークが普及したことで、書斎の必要性を強く感じたのではないでしょうか。しかし、どのような書斎にリフォームをしたらよいか悩みますよね。

この記事では、リモートワークがはかどる書斎のつくりかたを解説します。また注意点や費用相場まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

最初に知りたい書斎の3タイプ

自分に合った書斎を作るためには、3つのタイプを知る必要があります。

以下に、書斎の3つのタイプをそれぞれ解説します。

 

個室型

個室型とは、1室を書斎に充てたタイプのことです。書斎は2畳や3畳程度の狭さでも問題ないので、1部屋を増設するような大掛かりなリフォームが必要ありません。そのため使わなくなった押し入れやウォークインクローゼットを、個室型の書斎にリフォームするケースが多くあります。

個室型の書斎は1室として利用できるため、1人の時間を確保できる空間になります。また近年普及しているテレワーク時でも、他の家族を気にせずにミーティングができるので、仕事部屋としても利用可能です。

 

オープン型

書斎には、広い空間に仕切りを設けたオープン型もあります。たとえばリビングに間仕切りとなる本棚を設置することで、空間を分けることが可能です。

本棚が仕切りとなるため、ある程度のプライバシーが確保できます。ただし、本棚の場合は空間に圧迫感を与えてしまう恐れがあります。

そのためシンプルに仕切りたい場合は、パーテーションを設置するとよいでしょう。パーテーションであれば奥行きがないので、スッキリとした見た目で仕切ることができます。

 

コーナー書斎

書斎のタイプには、リビングや廊下のデッドスペースとなるコーナーを利用したコーナー書斎もあります。

コーナー書斎はリビングや廊下のコーナーに、棚・机・椅子を置くだけで完成するので簡易的です。また簡易的でありながも立派な書斎となるので、デッドスペースをうまく活用したい方におすすめです。

ただしコーナー書斎は周りの音を遮断できないため、作業に集中できない場合があります。他にも廊下のコーナーを書斎にする場合は、空調が行き届かないケースも考えられます。

 

 

使いやすい書斎をつくるポイント

ここまで書斎の主な3つのタイプを紹介しました。他にも使いやすい書斎をつくるためには4つのポイントがあります。

ここでは、机のサイズ・コンセントの位置・照明の位置と数・本棚の配置について紹介しましょう。

 

机のサイズ

使いやすい書斎を作るには、自分に合った机のサイズを選ぶことが重要です。自分に合った机のサイズを探すためには、机の幅・奥行・高さをそれぞれチェックする必要があります。

たとえばオフィスの標準的な机のサイズは、奥行が700mm程度になります。そのため奥行700mmタイプの机は、デスクトップパソコンや大型ノートパソコンなどを設置したい方におすすめです。

一方で一般的なノートパソコンや資料閲覧のための机を用意したい場合は、奥行600mm程度が最適です。使用目的によって快適なサイズが異なるので、机のサイズを選ぶ際はどのように使用するのかイメージしてから決めましょう。

 

コンセントの位置

コンセントの位置も、使いやすい書斎作りに重要なポイントです。電子機器を頻繁に使用する方にとって、コンセントの位置が使いやすさに直結します。

たとえばデスクとコンセントの距離が遠くなることで、コードの接続に一苦労してしまいます。そのため使いやすい書斎を作るためにも、コードが接続しやすい位置にコンセントを配置する必要があるのです。

コンセント位置の決め方は、書斎で使用する家電を把握するのがおすすめです。ノートPCやモニター、携帯の充電など使用する家電を把握することで、コードが届く位置をイメージしやすくなります。

 

照明の位置と数

書斎は、照明の位置や数に配慮する必要があります。そもそも書斎は部屋全体を明るくする必要がありません。特に書斎を寛げる空間に仕上げたい方は、間接照明やスポットライトなどやわらかい照明が効果的です。

またデスクでパソコン作業する方は、パソコン用の照明を設置することで十分な明るさを確保できます。

 

背後に本棚を配置する

背後に本棚を配置するのも、使いやすい書斎のポイントです。特に書斎でテレワークする方は、背景が気になりますよね。背後に本棚を配置することで、ウェブ会議の際に慌てて背景を片付ける必要がなくなります

 

 

書斎リフォームの相場

書斎リフォームにかかる費用は、内容によって異なります。以下の表では、リフォームの内容ごとにかかる費用相場をまとめました。

 

リフォーム内容 費用相場
リビングの一角にカウンターを設置 8万円~
リビングに間仕切り壁の設置 15万円~
階段の踊り場に書斎を設置 15万円~
クローゼットに個室型の書斎を設置 40万円~
独立した書斎を設置 100万円~

 

リビングの一角に階段を設置する程度のリフォームであれば8万円~可能です。また階段の踊り場に書斎を設置するケースでは、電気工事が必要になるので15万円以上かかります。

押し入れ及びクローゼットに個室型の書斎を設置する場合は40万円~になるので少し金額が高くなります。また独立した書斎を増築する場合は、100万円以上と高額なので事前にリフォーム会社に確認しましょう。

 

 

関連記事

  1. ジャパン・ライフ・パートナーズ ホームページを公開しました。
  2. リノベーションで後悔した内容とは?注意しておくべきポイントを紹介…
  3. リフォームで部屋をつなげる費用と安く抑えるコツとは?注意点も確認…
  4. 【思い出の家具を使い続けるために】テーブルリフォームの相場と心得…
  5. 出窓を二重窓にする費用の相場は?出窓の悩みや二重窓のメリットも
  6. 食器棚を使いやすくリフォームするには?費用とポイントを解説

最近の記事

PAGE TOP