リノベーションで後悔した内容とは?注意しておくべきポイントを紹介

理想の家を実現するために、リノベーションを検討する方は多いのではないでしょうか。しかしリノベーションによっては、内容に後悔することもあります。

この記事では、リノベーションで後悔した内容を紹介します。また後悔しないために注意すべきポイントまで解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

リノベーションで後悔したこと

理想の家を実現するためには、後悔した内容を押さえておくことが大切です。以下では、よくあるリノベーションの後悔を4つ紹介します。

 

予定より費用がかかった

快適な生活を実現するためには、リノベーションの内容にこだわる必要があります。しかし理想を追求するあまり、予定よりも費用がかかってしまうことが考えられます。

特にキッチンや浴室などの水回りは、設備のグレードによる価格差が大きいです。同じキッチンでもグレードが異なることで、予想以上に費用がかかってしまいます。

またリノベーションを行う際に、予想外の補修が必要となる場合があります。劣化具合によっては大規模な工事が必要となるため、高額な費用がかかってしまうでしょう。

 

デザインばかり重視して実用的でない

リノベーションに後悔するパターンとして、デザイン性に偏りすぎることです。デザイン性に偏り過ぎることで、実用性が損なわれる場合があります。

たとえばリビングを開放的にするために、もともとあった壁を撤去することがあります。リビングの壁を撤去することで開放的な空間に仕上がりますが、防音性を低下させてしまうのです。隣の部屋からの音や、上階からの足音が響いてしまうなど、ストレスの原因となります。

リノベーションはデザイン性だけでなく、現在抱えている住居の課題を解消するものでもあります。そのためリノベーションを計画する際は、デザイン性と実用性の両方の検討が必要です。

 

出来上がりが理想と違った

リノベーションは、出来上がりと理想との違いによって後悔することもあります。特に床材や壁紙を選ぶ際は、注意が必要です。

床材や壁紙を検討する際に、カタログを参考に決めていきます。しかしカタログは、あくまで写真の見本であって実物ではありません。実物とは異なるので、「イメージと違った」と後悔することがよくあります。

また小さく切り取られたサンプルでも、リノベーション後の仕上がりと異なります。施工面積が大きいほどサンプルのイメージとは異なるので、床材や壁紙選びは慎重に行う必要があるでしょう。

 

業者とのトラブル

リノベーションでは、業者とのトラブルも起こりがちです。たとえばデザイナーとのセンスが合わずに、仕上がりがイメージ通りにいかないケースがあります。

他にも施工会社の技術不足によって、壁紙の仕上がりが雑なことやフローリングに隙間があるなど仕上がりが甘い場合があります。こういった業者とのトラブルもリノベーションに後悔する原因の1つです。

 

リノベーションの注意点

リノベーションで後悔しないためにも、注意すべきポイントがあります。以下に、注意点を4つ紹介しましょう。

 

快適な気温で過ごせるようにする

リノベーションで注意したいことは、快適な気温で過ごせられるように計画することです。

たとえば開放的な空間に憧れて、吹き抜けリビングにリノベーションするケースがあります。しかしリビングの空間が広がることで、快適な気温を保つのが難しくなってしまうのです。

特に冬の寒い時期では、部屋が温まるまで時間がかかってしまうでしょう。また冷暖房効率が悪くなるため、電気代も余計にかかってしまいます。

それでも開放的な空間に仕上げたい方は、床暖房や窓の断熱対策などが必要となります。

 

マンションには管理規約がある

マンションをリノベーションする場合は、管理規約に注意しましょう。マンションには独自の管理規約があり、内容によってはリノベーションを制限される場合があります。

間取りの変更や水回りの移動などを制限される場合は、間取り変更のリノベーションができなくなるでしょう。

またマンションは騒音トラブルが起こりやすい環境です。そのため床材の性能レベルの指定のような細かい規定もあるので、事前にリフォームの規約を確認することが重要です。

 

個性を強くしすぎない

リノベーションは、個性を強くしすぎないことも大切です。個性を強くしすぎてしまうとリノベーションの内容によっては、簡単に変えることができなくなります。後々飽きがきたときに、後悔してしまうでしょう。

また今後売却を考えている方は、買い手がつきにくくなることも考えられます。買い手がつきにくくなることで、相場よりも価格を下げて売却せざるを得なくなります。

そのため個性を出したい場合は、手軽にリノベーション出来る内容に収めておくことがおすすめです。

 

生活の動線を考える

リノベーションの計画をする際は、生活動線を意識することも重要です。生活動線を意識せずに計画してしまうと、移動が多く不便な間取りとなってしまいます。そのため生活動線を短くまとめることが大切です。

特に動線が長くなりがちな洗濯機置き場と物干しは、離れすぎないように計画するのがおすすめです。動線を短くまとめることで、効率よく家事がこなせるようになるでしょう。

 

後悔しないリノベーションのために

リノベーションで後悔しないためには、事前の計画や業者選びが重要です。以下に、それぞれを具体的に解説します。

 

事前にしっかりと計画を立てる

リノベーションで後悔しないためには、事前にしっかりと計画を立てることです。事前にしっかりと計画を立てることで、必要なリノベーションの内容を明確にできます。

たとえばリノベーションの内容に優先順位を決めておくと、妥協してよい部分とダメな部分を明確に把握できます。また現在の住まいの生活動線を見直すことによって、最適な間取りを計画することが可能です。

リノベーションの内容を決めるには、時間がかかります。そのため最適なリノベーションを見つけるためにも、余裕をもって計画を練る必要があります。

 

業者選びは慎重に

リノベーション会社を選ぶ際は、慎重に行いましょう。リノベーションを成功させるためには、業者との相性も重要です。

自分のイメージを得意とする業者を見つけることができれば、満足のいくリノベーションになる可能性が高まります。業者との相性を見極める方法は、施工実績を確認するのがおすすめです。

業者によってはホームページにてこれまでの実績を紹介している場合があります。実績のデザインと自分とのイメージが合えば相性のよい業者といえるでしょう。

 

 

関連記事

  1. 【思い出の家具を使い続けるために】テーブルリフォームの相場と心得…
  2. 出窓を二重窓にする費用の相場は?出窓の悩みや二重窓のメリットも
  3. ジャパン・ライフ・パートナーズ ホームページを公開しました。
  4. リモートワークがはかどる書斎をリフォームで実現するには?
  5. リフォームで部屋をつなげる費用と安く抑えるコツとは?注意点も確認…
  6. 食器棚を使いやすくリフォームするには?費用とポイントを解説

最近の記事

PAGE TOP