リフォームで部屋をつなげる費用と安く抑えるコツとは?注意点も確認

使わなくなった部屋をつなげることで、有効活用できたら嬉しいですよね。しかし部屋を繋げるリフォームは高額なイメージがあるので、なかなか踏み切れない方は少なくありません。

この記事では、リフォームで部屋をつなげる費用と安く抑えるコツを解説します。また注意点まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

リフォームで部屋をつなげる費用の相場

リフォームで部屋をつなげる費用は、内容によって異なります。以下に、リフォームで部屋をつなげる主な内容を3つ挙げてみました。

 

・洋室2部屋を1部屋につなげる

・リビングと他の部屋をつなげる

・壁を撤去して引き戸やドアをつくる

 

上記のリフォームにかかる費用相場を、それぞれ詳しく紹介します。

 

洋室2部屋をつなげる

2部屋の洋室を1部屋にリフォームする費用は、約20万円~が相場になります。洋室を2部屋につなげるリフォームの内訳は、以下の通りです。

 

リフォーム内容 費用相場
壁の撤去 約10万円〜
撤去後の部分的な補修 約10万円〜
内装の全面張替え 約20万円〜

 

壁の撤去及び部分的な補修になると、費用は安くなります。そのため子供部屋をつなげるリフォームを行う場合は、費用を安く抑えることが可能です。

一方で内装を全面張り替えて雰囲気を変える場合は、費用が高くなります。またコンセントや照明など電気関係の工事が必要になると、さらに費用がかかってきます。

 

リビングと他の部屋をつなげる

リビングを他の部屋とつなげるリフォームでは、使わなくなった和室をつなげることが多いです。和室をリビングとつなげる際のリフォーム費用は、約85万円~が相場になります。リフォーム内容の内訳は、以下の通りです。

 

リフォーム内容 費用相場
壁の撤去 約17万円~
壁の工事 (畳からクロス) 約18万円〜
床の工事(畳からフローリング) 約34万円〜
天井の工事 約12万円〜

リビングと和室をつなげるリフォームでは、壁の工事や床の工事がもっとも高額です。もともと和室にある畳や砂壁を、新たにクロスやフローリングに張り替える必要があるため費用が膨らんでしまいます。

 

壁を撤去して引き戸やドアをつくる

部屋をつなげるリフォームでは、壁を一部撤去して部屋を行き来できるように引き戸やドアをつくるリフォームも行われます。壁を一部撤去して引き戸やドアをつくるリフォームの費用は、約13万円~が相場です。

ただし、取り付ける建具や床の補修によってはさらに費用がかかるケースもあります。壁を撤去して引き戸やドアをつくるリフォームは、使わなくなった子供部屋と寝室を出入りする際によく行われます。子供部屋と繋げることで、書斎やクローゼットとして活用できるので利便性の高いリフォームです。

 

リフォーム費用を安く抑えるには

リフォーム費用を抑えるためには工事期間や工事規模、業者の選定が重要です。以下では、それぞれを詳しく解説していきます。

 

工事期間が短いリフォームをする

リフォーム費用を抑えるためには、できるだけ工事期間が短いリフォームを行うことです。工事期間が短いリフォームほど、人件費を削減することができます。そのためリフォーム内容を必要最低限にまとめることで、リフォーム費用を抑えることが可能です。

またどうしてもリフォーム内容が多くなってしまう場合は、まとめて工事してもらうことで工事期間を短くできます。費用を安く抑えたい方は、まとめて工事できないか業者に相談してみましょう。

 

水回りや階段を移動するリフォームはしない

リフォーム費用をかけたくない方は、水回りや階段を移動するような工事を行わないことです。特にキッチンや浴室などの水回りを移動するリフォームでは、給排水の工事や電気配線の工事が必要となるので費用が高くなります。

また階段を移動するようなリフォームは、施工範囲が大きいことから費用も高額です。部屋をつなげるリフォームは、工事範囲をできるだけ抑えることが費用の削減に繋がります。

 

複数のリフォーム会社から見積もりをとって比較する

費用を抑える方法として、複数のリフォーム会社から見積もりをとることもおすすめです。リフォーム会社によって、見積内容が異なってきます。そのため複数のリフォーム会社の見積もりを比較することで、結果的に費用を安く抑えられます。

また、適正な価格を把握することも可能です。正確な相場を把握できるため、価格交渉の資料としても活用できます。ここで紹介した費用もはあくまで相場のため、ご自宅の状況に合った正確な金額を知るためにも、見積りを依頼しましょう。

 

部屋をつなげるリフォームの注意点

部屋をつなげるリフォームを行う際に、撤去できない壁には注意が必要です。ここでは、撤去できない壁について詳しく解説しましょう。

 

撤去できない壁もある

住宅の構造によっては、撤去できない壁があるので思い通りのリフォームが行えない場合があります。たとえば木造住宅の場合に、「耐力壁」と呼ばれる建物を支える壁があります。耐力壁を撤去してしまうと、住宅の構造バランスが崩れてしまうので撤去できません。

そのため壁を撤去する必要がある場合には、耐力壁の場所を確認する必要があります。耐力壁は、平面図から確認することが可能です。

どうしても耐力壁の壁を撤去したい場合には、建築士に相談する必要があります。場合によっては、他の壁を補強することで構造バランスを確保できる場合があります。しかし補強のための工事費がかかるので、リフォーム全体の費用が膨らむでしょう。

 

壁の中に配線や配管がないか

壁を撤去する場合は、壁内に配線や配管がないか注意する必要があります。仮に配線や配管が入っている場合は、移設する工事が必要です。

配線や配管を移設する際は、その分リフォーム費用がかかります。またマンションの場合は配管の移設ができないので、そもそも壁の撤去が行えないので注意が必要です。

 

関連記事

  1. 出窓を二重窓にする費用の相場は?出窓の悩みや二重窓のメリットも
  2. リモートワークがはかどる書斎をリフォームで実現するには?
  3. ジャパン・ライフ・パートナーズ ホームページを公開しました。
  4. 食器棚を使いやすくリフォームするには?費用とポイントを解説
  5. 【思い出の家具を使い続けるために】テーブルリフォームの相場と心得…
  6. リノベーションで後悔した内容とは?注意しておくべきポイントを紹介…

最近の記事

PAGE TOP